IT社員3人組によるリレーブログ

某IT企業に勤める同期3人が、日常の研鑽模様等を記録していきます

ITコンサルってどんな仕事?主要6社って?

どうも、Keiです。

今日はそもそもITコンサルってどんな仕事なのかについて書いていきたいと思います。

 

ITコンサルって?

ããã«ã³ã¹æãã§ããæµé»ãã³ã³ãµã«ã¿ã³ããã«ã³ã¹æãã§ããæµé»ãã³ã³ãµã«ã¿ã³ããï¼»ã¢ãã«ï¼å¤§å·ç«å¼¥ï¼½ã®ããªã¼åçç´ æãæ¡å¤§

 

ITによらず、コンサルティングってふわっとしていて実際のお仕事の内容が想像しにくいところがありますよね。

 

ガートナーのITコンサルの説明によると

IT consulting services are advisory services that help clients assess different technology strategies and, in doing so, align their technology strategies with their business or process strategies. These services support customers’ IT initiatives by providing strategic, architectural, operational and implementation planning. Strategic planning includes advisory services that help clients assess their IT needs and formulate system implementation plans. Architecture planning includes advisory services that combine strategic plans and knowledge of emerging technologies to create the logical design of the system and the supporting infrastructure to meet customer requirements. Operational assessment/benchmarking include services that assess the operating efficiency and capacity of a client’s IT environment. Implementation planning includes services aimed at advising customers on the rollout and testing of new solution deployments. 

 

う~ん・・笑

つまり、クライアントが今後5年、10年で提供したいサービスをどのように様々なIT技術やインフラ基盤を組み合わせて提供するかについて、クライアントと分析し、アドバイスを与えるという仕事です。

よく、IT-ROI [Return on Investment]と呼ばれるIT投資に対する利益を最大化するサポートをする業務ともいわれます。

 

ここで、いわゆるITコンサル大手のアクセンチュア、デロイト、PwCが相手にするクライアントは大企業ばかりの超大型案件ばかりですが

じゃあ、大企業は社内にIT部門が必ずといっていいほどあるんだから、高いコンサル料を払ってまでコンサル企業に頼まないで、自社で方針を決めればいいじゃん!て思ったりするのですが・・

 

実はここに大手ITコンサル企業の強みがあるんです。

大手ITコンサル企業は特に外資系では世界中に拠点を持っており、その全ての拠点でのコンサルティングユースケース(成功体験)をノウハウとして共有することが多いとされています。

このノウハウは、クライアントのIT基盤のコスト削減手法として良く用いられるBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)をインド、タイ、フィリピン等の海外で展開する上では、非常に強力となってきます。

そのため、普通の社内IT部門が一からこのノウハウを身に着けるのは不可能に近いものがありますし、効率も非常に悪くなってしまいます。

 

主要ITコンサル6社って?

良く知っている方もいるかもしれませんが、"Big4"と呼ばれる会計事務所である

 

・デロイト

PwC

。KPMG

・EY

 

に「アクセンチュア」、国内企業の「Abeamコンサルティング」の2社を加えた合計6社が主要ITコンサル企業です。

 

それぞれの特徴を挙げていきたいのですが、正直あまり違いはないように感じます笑

KPMG、EYは海外では競争力があるため、Big4に含まれていますが、日本の売り上げで言うと実質「デロイト」と「PwC」のBig2状態みたいです。

 

主要6社から、いくつかピックアップして特徴を書いて行きます。

 

デロイト

Big4の中では、国内売り上げではNo.1の企業です。

超大型の案件を扱うのは当然として、会社のコンセプトとしてIT技術監査法人としての法務や財務といった幅のある強みを活かして、社会を変えていくという使命感を感じます。そのため、プロジェクトも国の公共事業の大規模案件や、日本企業の海外サポートを支援する案件が多い印象です。

 

PwC

先ほどITコンサルの強みの1つとしてグローバルでのノウハウの蓄積量が重要であるという話がありましたが、PwCはグローバルにおけるプレゼンスが強く、アジアの売り上げで言うとBig4ではトップとなります。現在、急成長中の企業であり、今後国内のシェアを拡大していく可能性が高いです。

 

アクセンチュア

アクセンチュアは主要6社の中でも、特徴が際立っています。デロイトやPwCでは、せいぜいシステムの設計までは行ったとしても、構築・導入・運用までは自社では監督しません。2次受け、3次受けの構築専門の企業に作業をハンドアウトします。一般的にITコンサルではこれが普通です。

一方で、アクセンチュアでは構築・運用を担当するコンサルタント(コンサルとは呼んでいるがほぼほぼSE)が社内に在籍し、設計から導入までをワンストップでサポートします。2次受け、3次受けに任せて質を落とすより、自分たちで質を担保するという戦略をとっています。(効率的かどうかは正直わかりませんが、クライアントとしては安心ですよね)

 

 

いかがでしたでしょうか?

今回はITコンサルとは?というざっくりした話から、ITコンサルの主要企業についてまとめてみました。

「もっとこういうこと取り上げて欲しい」とかあればコメントで頂ければと思います。